2020年5月15日から霧島市スマホアプリ決済が出来るように

どうも!

かごみやこです!

 

5月といえば、軽自動車税や固定資産税の通知が来ますが、新型コロナの影響で「コンビニへ行くのが心配…」と、思っている方へ朗報です。

なんと!

2020年5月15日から霧島市はスマートフォン決済アプリで様々な税金等が払えるようになったんです。

今回は、その紹介をしたいと思います。

アプリ決済できる科目

アプリで払える税金等は以下の9つです。

①軽自動車税

➁固定資産税

③国民健康保険税

④市県民税(個人)(特別徴収を除く)

⑤介護保険料

⑥後期高齢者医療保険料

⑦住宅使用料

⑧保育所負担金(公・私保育料)

⑨交通災害共済掛金

使えるアプリは?

霧島市で決済できるアプリは主に5つです。

PayPay(ペイペイ)

LINEPay(ラインペイ)

PayB(ペイビー)

楽天銀行

銀行Pay(ゆうちょPay等)

アプリで軽自動車税を払う時の注意点

早速ですが、軽自動車税をアプリで払う前に注意しないといけない事があります。

それは、

今年度車検の人はアプリ決済をしない方がいいという事です。

 

なぜなら、アプリで決済をすると領収書が発行されません。

車検には軽自動車税車検用証明書が必要になってくるので、今年度車検の方はコンビニか金融機関で払ってください。

PayPayで軽自動車税を払ってみた

私は、Yahoo!カードを利用しているので、PayPayのアプリで決済してみました。

 

ちなみに鹿児島県は2020年5月15日現在、霧島市、鹿屋市、出水市、南さつま市、さつま町、奄美市、大崎町、肝付町、天城町の市町村でPayPayアプリ決済が出来ます。

 

しかし、各自治体で払えるものとそうでないものがあるのでコチラを参考にしてください↓

PayPayで公共料金払える全国リスト

また、来年は夫の車検がないので鹿児島県管轄の自動車税もPayPayで払おうと思います。

※PayPayは霧島市のお店でよく利用していて、300円の買い物をしたら1ポイント、2600円の買い物をしたら13ポイント最近ゲットしています。

 

※これを積み重ねていき、Yahooカードで買い物をする時は、PayPayポイントで払っています。

 

初めてPayPayを利用して軽自動車税を払う場合の手順は以下の通りです。

①PayPayアプリを検索して登録

➁クレジットカードか銀行登録

(どちらか1つもしくは2つ登録)

③チャージする

④PayPayの請求書払いを押す

⑤請求書を読み取るを押す

⑥カメラに合わせ通知書のバーコードをかざす

⑦認知したら支払いを押す

支払いが終わったら音が鳴るのでわかりやすいです。

(音量設定も出来ます)

 

今回は、7,200円を払って36円のポイントが付きました。

 

コンビニで軽自動車税を払ってもポイントがつかないので、コツコツポイントを貯めたい方はアプリ決済おすすめです。

その他注意する事

アプリ決済は、自宅で簡単に払えますが、チャージするのも簡単なので使いすぎ注意と、スマホにロックをかけるようにしてください。

 

スマホをなくしたらチャージ代すべて使われる可能性あり…汗

 

また、アプリは個人で利用する分にはいいですが、事業している方は領収書がでないので確定申告をする際、注意が必要だと思います。

 

それから、私はクレジットでチャージをしてみたのですが、1日2万円が限度でした。

(夫のカードは5千円)

 

軽自動車税は7,200円だったので払えましたが、固定資産税は32,100円のチャージができなかったのでクレジットカードの場合は自分の限度額を知っておく必要があります。

なので、固定資産税は登録したゆうちょ銀行でチャージして払いました。

32,100円を払って160円のポイントゲットは大きい♡

 

さらに調子ぶっこいて、子供が自転車の乗るようになったので交通災害共済掛金500円もアプリで払って2ポイントゲットしちゃいましたw

最後に…

納税の時期は毎年憂鬱でしたが、このようなサービスが開始され、わざわざお化粧してコンビニへ行く手間が省けて嬉しいです。

皆さんも、霧島市HPを参考に是非利用してみてくださいね。

ではでは!

PayPayで今回ついたポイント

・軽自動車税 7,200円 36P

・固定資産税 32,100円 160P

・交通災害共済掛金 500円 2P

計198P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です